交通事故

■交通事故と弁護士

 交通事故被害に遭ってしまった場合は、なるべく早く弁護士にご相談ください。

 適切な治療をして、適切な示談交渉のもとで適切な賠償金を得ることがなによりも重要です。保険会社から提示される賠償額は、裁判で認められる基準に比べはるかに低いのが現状です。弁護士としましては、適切な賠償額(保険会社からの提示額と比べ高額な損害賠償額となります)を得られるよう尽力します。賠償額の点で、交通事故は、弁護士による助力が特に必要とされる分野となっております。

 また、保険会社の担当者との交渉は、大きな負担でありストレスとなってしまいます。弁護士としましては、後遺障害等級認定の申請・異議申し立て等の具体的な業務を行うことはもちろんですが、保険会社との交渉や書類作成等を行いますので、保険会社に対応することによるストレスからも解放されることとなります。

 

■恵比寿南法律事務所の特色

 脊柱変形等の(保険会社からは軽視されがちである)重大な後遺障害についても、その後遺障害がもたらす損害について、しっかりと争うことにしています。弊所は、多数の医師の助言を受けられるつながりがあります。また、サポートは惜しみません。例えば、必要があると考えた際には、診断に同行させて頂くこともご提案させて頂きます。

 交通事故の被害に遭ってしまった直後に、複雑な手続きや保険会社との示談に対応することはなかなか困難なことです。なるべく早い段階でご相談いただくのが重要ですが、どのような段階であってもサポートすることができます。

 

■弁護士費用について

 交通事故の報酬は、着手金無料とし、成功報酬については、保険会社の提案額から増額した分の一部(15% 消費税別)を頂くこととしております。したがいまして、弁護士に依頼したことによって損をしたということは生じません。また、怪我の治療が終わる前にご依頼いただきました場合は、成功報酬は、保険会社から支払われた額の10%とさせていただいております。

 なお、下記の弁護士費用補償特約をご利用の場合には、リーガルアクセスセンターの定める報酬基準となります。

 

■弁護士費用補償特約について

 弁護士費用補償特約とは、交通事故の被害に遭われた方が損害賠償請求について弁護士に依頼した場合の弁護士費用を補償するものです。一定の条件を満たしますと、弁護士費用が300万円までご加入の保険会社から補償されます。

 なお、この特約は、被害者ご本人様が加入されていなくとも、ご家族がご加入されている自動車保険の特約による補償を受けられることもございます。したがいまして、ご自身のみならず、ご家族の自動車保険やその他の保険に弁護士費用補償特約が付いていないか、ご確認されることをお勧めいたします。